いつ起こるかある程度予測できる地震予知の方法|被災しない為に

いざというときに

災害

避難方法が分かる

地震はいきなり襲ってくるものであり、万が一の事態になったときにどのように非難をするのか予想を立てておくことがとても大切になります。そこで便利なものが各自治体が発行をしている地震による被害を予想するハザードマップです。このマップには地震による災害で倒壊の危険性のあるある場所や液状化現象が起きそうな場所などが予想され明記をされています。また、災害時に避難場所になるところや救援物資などが保管されている場所も明記をされているのでとても役に立つものになります。このハザードマップを利用することによって災害がどこで起こりやすいかを知ることができますし、万が一の事態のときにどこに避難をすればよいのかということを考えるのに役立ちます。

綿密な調査をもとに

地震の被害を予想するハザードマップはち密な調査をもとに作られています。特に東日本大震災以降は地震の災害を予想をするこうしたマップ作りに各自治体が力を注いでおり、かなり正確なマップができているのが特徴です。津波のおきやすいエリアや液状化のしやすいエリアは予想マップが特に注目をされており、マップの配布だけでなく看板などによる注意喚起も行われています。人命を守るために地震予想のマップが活用をされている特徴があります。最近では通学路の設定や大きな建造物の建設をするときにおいても地震の災害予想マップを利用する傾向があります。できるだけ安全に生活をすることができるように災害の可能性のあるところは外す傾向があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加