いつ起こるかある程度予測できる地震予知の方法|被災しない為に

防災の為の長期予想

地図

可能性の高い場所を知る

地震の予測は、具体的な震源地と具体的な日時を事前に予測できるほど正確なものではありません。しかし、長期的に特定の地域が強い地震に襲われる可能性を予測する事はできます。しかし、各地域が、強い地震に襲われる可能性がどのくらいあるかという予測になります。たとえその地域で今後30年以内に高い可能性で大きな被害の出る地震が発生するとされていても必ず起きるという訳ではないのです。また、逆に可能性は低いとされている地域でも起きる可能性はあります。この地震予測を利用する目的は、どの地域が地震リスクが高いかを知って事前の備えをする事が主な目的になります。直前予知や、発生そのものを防ぐ事はできなくても物理的な対策等はできます。そのため、長期予測としては役立ちます。

有料のサービスも人気

地震の長期予測は、政府が調査や過去の統計から今後どのくらいの期間にどのくらいの可能性でその地域に強い地震が発生するかという長期予測を出しています。それとは別に、有識者が独自に配信している地震予測のサービスもあり、人気が高いです。これもあくまで、長期的な予想になります。ですので、可能性が高いと言われている地域だからと言って必ず発生する訳ではありません。しかし、可能性が高い場所を把握することには役立つので、事前の準備をするなど対策ができるのです。こうした長期的な予測の情報得る事で、心構えができます。住宅や施設に物理的な対策を施し、また発生した時の対処を行政も含め、個人が把握する事で被害を少しでも小さく抑える事に役立っているのです。

このエントリーをはてなブックマークに追加